Calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

まぼろしの「赤いダイヤ」をもとめて

いつも喜田家、ハルエグレース、KITAYA 六人衆をご愛顧いただきまして、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

だいぶお待たせしてしまいましたが、丹波の記事について!少々、かなり長いですが、ご一読くだされば幸いに存じます。
それでは。

東京から新幹線で約3時間。勉強と商品開発を兼ねて、京都に行ってまいりました。まずは、長年お菓子の企画開発やOEM工場として喜田家を支えてくださっている食品工場を見学させてもらい、品質管理・衛生管理などを学ばせていただきました。工場に入る前には厳重な衛生管理が行われ、写真でお見せできるものが限られてしまうのですが、使う物や道具がきちんと整理整頓されていて、美味しいお菓子を作る準備ができている!といった感じでした。

koujou2.jpg
koujou1.jpg


事務所の方も工場の方もみなさん笑顔で、ここで作られるお菓子は皆さんの誠実な人となりを物語っているんだなぁと素直に感じました。とっても安心・安全な工場!勉強になります。

それからこちらの社長さんに美味しい~お蕎麦をごちそうになり、社長さんおススメの「おせきもち」をいただきに出発。

osekimochitentou.jpg
osekimochi.jpg ohagi.jpg

飾らない店内は昔のまま、その日のうちに消費する「朝生菓子」の元祖って感じです。シコシコとした腰の強い「もち」と丹波大納言のあっさりとした餡は、素朴さの中にもしっかりとした味、特選おはぎは、まろやかなのどごしのこし餡、嫌な甘さやしつこさがなく、2個3個と止まりません。

さすがにお腹もいっぱいになり、いよいよ今回のメイン「赤いダイヤ」を求めていざ馬路へ!と、途中どうしても桂にある「中村軒」に寄りたくなり、運転手をつとめていただいた専務さんに無理を言って、「中村軒」に寄ってもらいました。

nakamuraken.jpg
nakamurakenkashi.jpg


きれいなお菓子がたくさん並んでいました。ここでも勉強のため、たくさん買い込み、車中にてお腹いっぱいいただきました。

 さてさて今回のメイン「赤いダイヤ」と呼ばれる「馬路(うまじ)大納言小豆」を求めて桂から約40分、途中畑を案内していただく山口さんに同乗していただき、亀岡市にある丹波大納言を専門に扱っていらっしゃる工場へごあいさつ。いよいよスタッフの方に畑を案内していただきました。

IMG_5280_web.jpg
IMG_5270_web.jpg

和菓子にとって最も大切な「餡」の質を決める「小豆(あずき)」には、大きく分けて3つの産地があります。北海道、丹波、備中。喜田家の小豆は主に北海道十勝産の小豆を使っています。丹波と言えば「黒豆」が有名ですが、丹波大納言の中でも最高峰とされる「馬路(うまじ)大納言小豆」という小豆を見せていただきました。別名「赤いダイヤ」とも呼ばれ、見た目は鮮やかな深い赤色で、光沢があり、風味に優れています。形は俵型で縦に十二段積めるほど、特大の粒です。また、煮ても腹割れしにくいので粒餡で使うのが一般的だそうです。

azuki.jpg

IMG_5281_web.jpg

小豆づくりには栄養分である土づくりがとても大切なんだそうです。石灰を含む粘土質の土壌に土が見えなくなるくらい堆肥をやり、何度も鋤き(すき)返すことで豊かな土ができあがるそうです。土ができたら思いを込めて種をまき、機械を使わず人の手によって管理され、私たちがおじゃました10月下旬に収穫されます。収穫された小豆は、手塩をかけた分だけ色艶を増し、良質の小豆となります。

IMG_5283_web.jpg

伺った工場では、粒を磨く研磨機や、粒の大きさを選別する機械、色彩選別の工程などを見せていただきました。この工程を経て出荷されるのかと思いきや、最後にベルトコンベアに流れてくる大量の小豆を、数人の職人さんが目で見て最終選別をしていました。ものすごく手がかかるものなのだと、とても驚きました。いつかこの「馬路(うまじ)大納言小豆」を使って、喜田家の看板菓子(初宿、最中、福良すずめ)に続く逸品を作りたいと改めて思いました。お忙しい最中ご案内くださり、ありがとうございました。

さて馬路大納言も見学させてもらい、せっかくなので、京菓子司「末冨」にてお買い物。素晴らしい店構え、歴史と風格を感じました。

suetomi.jpg

それからその近くにある、和菓子道具の宝庫「堀九来堂」さんへ。

horikuraidou.jpg
yakiin.jpg

焼き印や木型など本物って感じでした。
後はちょこちょこっとお買い物をしました。辺りもすっかり暗くなり、「清水寺」の参道にある洋菓子屋さんを見て帰ることにしました。昔は京都と言ったら「八つ橋」「おたべ」という感じでしたが、パッケージのきれいな洋菓子屋さんが一番賑わっていました。
いろんなことを考えつつ、とても勉強になる日帰り勉強会でした。
お忙しい最中、お付き合いくださった皆さま、心より感謝申し上げます。

kiyomizu.jpg

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
これからもこのような記事をアップしていきます。

お菓子のためならどこへでも! 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

お歳暮DMもうすぐお届けします!

いつも喜田家、ハルエグレース、KITAYA 六人衆をご愛顧いただきまして、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

さて毎年恒例のお歳暮DMですが、間もなく会員の皆さまのお手元にお届けできるようになりますのでもうしばらくお待ちくださいね。

さてさて突然ですが、人の人生にはたくさんの記念日やお祝い事がありますが、私ども喜田家は、皆さまの人生の節目を祝う菓子屋でありたいとつねづね思っています。今回のカタログの表紙にはそんな思いをほんの少しだけ表現してみました。

H1.jpg

今回のカタロには、年の瀬、年賀のご挨拶に最適な「和菓子の詰合せ」をはじめ、大人気の「千住のお三時」高級感ある「六人衆ギフト」など、喜田家を代表する銘菓の他に、生菓子中心だったハルエ・グレースからは、新作パイやパウンドケーキなど焼き菓子のバリエーションをたくさんご紹介しています。

それと、ハルエ・グレースとパリパリ最中のパッケージを一新しました。品質とともに「お遣い物なら喜田家が安心」といわれることを目指しています。

カタログをこちらから見えるようなのでぜひご覧ください。

喜田家 2011 お歳暮カタログ

丹波の記事、スミマセンもうしばらくお待ちください。

それでは皆さま お身体ご自愛くださり、お歳暮DMが届くのを楽しみにお待ちください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

今回のDMには特別にお買い物券が14枚も付いていますよ(^^♪ 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

絵はがきとお便り

いつも喜田家、ハルエグレース、KITAYA 六人衆をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

11月に入りました。今年もあっという間で、残すところあと2ヶ月を切りました。

さて今日は、皆さまからいただいた絵はがきとお手紙のほんの一部をご紹介します。いつも毎月のおついたちを絵はがきにして送ってくださる柴山さんいつもありがとうございます。

3.jpg

1.jpg

2.jpg

6.jpg

4.jpg

5-.jpg

いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

1日から北千住駅構内にある「DEAR SWEETS」にハルエ・グレースが出店しています。おかげ様で大好評です。今月30日まで営業しています。「DEER SWEETS」は東武伊勢崎線北千住駅、中央改札口を入ってすぐ右側にあります。

IMG_6136_web.jpg

それでは皆さまぜひご来店くださいね。

次は丹波のお話をちょっと。。。 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

11月のおついたちができあがりました

『平泉 中尊寺 錦秋の世界遺産』

桜も見事ですが、秋の紅葉には雄大な迫力の美があります。日本中どこでもよいからこの時期、見に行かなければ勿体なーい!ですよね。
奥深い山なら紀伊山地や北アルプス焼岳の紅葉と常緑のコントラストにもう!もう!誠に自然は雄大なものですね!
凛とした荘厳さを観るなら京都が見事ですが、厳島や石見銀山も静かでいいですね。
東北の平泉も6月に世界遺産に登録されました。一度は登録が見送られた平泉が、短期間で再度選考対象に挙げられ、登録に成功したのには関係者の方々の並ならぬ努力があったことでしょう。こんな小さな島国において16件もの世界遺産を持つ日本人として、嬉しく誇りに思う偉業だと思います。
平泉・中尊寺の表参道、月見坂は、モミジの紅葉で有名です。静寂と自然に包まれて心が浄化されていくような参道を、今年は是非時間をつくって歩いてきたいと思っています。
紅葉のことを書く頃はいつも、あと12月で今年も…という時期。
本当に毎年のことながら日本の四季のそれぞれの自然の美しさ。世界にもこれほど四季が美しい国は他にないことが、桜と紅葉で判ります。しかし今年は寒さを感じ始めるとともに、東北の被災された方々のことを思い、心が痛みます。
色々な思いを込めて本年も自然の美しさに畏敬の念を込めて紅葉のおついたちをおつくりしました。
 
otsuitachi_11.jpg
 浮島にきんとんと、紅葉にかたどった羊羹で「錦秋の森」を、薯蕷饅頭の「鈴」と、錬り切り製の「鯛」で七五三参りも表してみました。旬の味覚「焼栗」は栗をつぶして焼き目をつけました。濃く淹れた温かい煎茶でどうぞ。
 朝晩冷え込んでまいりました。風邪など吹き飛ばして、生き活きとお過ごしください。

近々丹波へ行ってきます! やっぱりやる。 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

冬のDMの撮影が終わりました。

いつも喜田家、ハルエグレース、KITAYA 六人衆をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

最近すっかり秋めいてきましたね。風邪などひいてませんでしょうか?

さて、先日皆さまへお送りする冬のDMの撮影がありました。

今回のDMをどのような形で皆さまの元へお届けするか、
正直相~当悩みました。。。

結局は。。。なんですけどね。

でも中身はグレードアップしていますのでお楽しみになさってくださいね!

喜田家を代表する美味しい手づくり最中「パリパリ最中」のパッケージを一新し、1包(2個分)をBOX型のパッケージに包み込みました。

DSC02707-1.jpg

1個ずつきちんとした箱に入っているので、2~3個をちょっとした手土産にしたり、9個入の物は贈り物などにすると、結構なボリュームがあり、高級感があるかと思います。

もうご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、ハルエ・グレースのパッケージも一新しました。この箱が結構好評なんですっ!!

DSC02785-1.jpg

そのほかには、生菓子が多かったハルエ・グレースですが、「焼き菓子」のラインナップをたくさん増やしてみました。

DSC02606-1.jpg

実はこの「焼きモンブラン」、かなり美味しくなりましたよ!

DSC02553-1.jpg

なんと、東松山などにお店を構えるあの超有名シェフも「これ美味しいね、いいじゃんこれ」「秋!焼き菓子って感じでいこうよ!」って言ってくれました!!!

何はともあれ、皆さまDM到着までお楽しみにしてくださいね!

それと、今までご利用いただいてましたちゅうりっぷシールの配布が9月30日で終了となりました。長い間ありがとうございました。

新しいポイントカードへの切り替えがまだお済みでない方、住所を変更してDMが届かなくなってしまった方、事情があって店舗へお越しいただけない方、などなど。不明な点などありましたらこちらまでご連絡ください。

office@kitaya.info

それでは皆さま「KITAYA 六人衆 青山店」にもお越しくださいね。

前へ前へ! 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

このページの先頭へ