Calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

4月のおついたちができあがりました

平成24年4月(卯月)のおついたち―『あだち桜ものがたり』

ようやく桜が咲きはじめました。
今年は春が遅いように感じましたおかげで、より一層桜の開花が楽しみとなりました。
古来より春になると人は桜を見つめ、その荘厳さに圧倒されながら、同時に散りゆくひとひらに儚さを覚え、人生を見つめます。
日本人の繊細な心情を見事に表わす、日本人の最も愛する花と言えるでしょう。
その桜を日本人以上に愛しているアメリカ人がいることを御存知でしょうか。
ワシントンD.C. ポトマック河畔の桜並木やニューヨーク市街に咲き並ぶ桜。桜専門の職人がいるほど大切にされているのです。
国境を越え、人種を超えて見る人を楽しませる桜の旅は、100年前に1人の女性の情熱によって始まりました。
日本を訪れ桜に魅せられたエリザ・シドモアは、20年もの歳月をかけてアメリカ政府に桜の植樹を嘆願し続け、1912年に日米桜交流の第一歩を飾る足立区の桜が送られ、ワシントン「ポトマック公園」に植えられました。
当時、足立区の荒川堤には色とりどりの桜が咲き、「荒川の五色桜」として有名でした。
この同じ苗がニューヨークにも送られ、のちに「サクラパーク」となりました。
その後も毎年補植が行われ、今では世界中から人が訪れる名所となっています。
ところが「荒川堤の五色桜」は、堤防工事などで衰退し、桜が失われた時期がありました。30年前にポトマック公園の桜の枝を分けてもらい、挿し木にして区内の公園や学校に植えられ、「里帰り桜」として復活し、今では毎年大勢の人を楽しませてくれます。
彼女がいなかったら、足立の桜はなくなっていたかもしれません。…とは言いすぎでしょうか。
今月の「おついたち」は春爛漫のお花見折り詰です。
可憐な「桜花」は、外郎製の花びらで黄味餡をくるみました。若草色の求肥でこし餡をくるみ、黄味餡のそぼろを咲かせ、舞い遊ぶ蝶々も花愛らしい「菜の花畑」。羊羹の夜空に花びらが美しく浮かび上がる「夜桜」。お花見には欠かせない「花よりだんご」は餅入りのねりきりでおつくりしてみました。

otsuitachi_04.jpg

花の時期は短いもの、あなた様も急いでお友達とお花見にいらしてはいかがでしょうか。

元気で生きる 主人 田口 恵美子
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit

24節気 72候 第六候

さまゞの こと思ひ出す 桜かな
                芭蕉

 関東に住んで、桜餅で驚く。道明寺を探す。境目はフォッサマグナだろうか。

塩漬けされた葉は「神の技」極上の香りを放つ。これを閉じ込めたままほおばることができるのは大人だけ。

  妹が私より早く20代で逝くとは思ってもいなかった。
 
 私と手をつないで歩く。上野、夜桜の中、幼子のように大きい声で歌う。この世とは思えない綺麗な時間。あれから花を何回観ただろうか。何回観るのか。

 「荒川土手の桜」は喜田家のキャッチコピーの中でも群を抜いている。今年も2枚の葉におごそかに手を合わせる。「人にやさしゅうできたかな」「はい」「じゃあ、食べてもええよ」

松木 幸子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

3月のおついたちができあがりました

老いてこそ なほなつかしや 雛飾る  及川 貞
 四月になって、雛は飾る。我が家は旧暦で祭る。キューピーを抱いた私の隣に弟が座っている写真がある。ふと、この写真のシャッターをきる若かった両親を想ってみる。もう昔のこと。
 昨年、訪れた飛鳥寺で橘をしげしげと眺める。「右近の橘、左近の桜」と覚えて、右大臣、左大臣の隣に置いたもの。雛壇の人形も、道具も訳を知らない。「明りをつけましょ、ぼんぼりに…」もわからない。あられも菱餅も甘酒も口にしたことはない。「お母ちゃん、菱餅はどんな味なんじゃろう。あられを食べたい。」答えは同じ「うちには無いんじゃ。我慢で」
   
 葉をまとうお菓子は誰でも好き。椿餅、桜餅、蓬餅、柏餅、笹餅。常緑樹が大脳を刺激する。祖母と道端で蓬を摘む。「先だけをこうやって、摘むんで。」「そこはいけん、犬のおしっこがかかっとるで」すり鉢を両手で一生懸命押さえる。ふかした熱々のかたまりが入る。こねる。餡を包む。父はもう、座っている。「ええ色じゃ。ようできとる。」蓬の匂い、繊維は固い。これが美味しいとわかるには何年か、かかる。すりこぎについた濃い緑は春の色。
 先日、松木幸子さまからこんな可愛らしい絵と素敵なエッセイを頂きました。
情緒あふれる散文に、幼いころの情景が重なります。
 あの頃も今も、お節句に落ち着いてお雛様を飾る余裕もなく、もちろん甘酒やあられを食べながら娘たちとお手玉遊びをしてやる暇もなく、それでも何とか、ちらしずしとハマグリのお吸い物だけは毎年欠かさないようにがんばってまいりました。
 今月の「おついたち」は雅なおひなさまに飾りたくなるような可愛らしい食材を、ミニチュアにして上生でおつくりしてみました。下の段にも、ころりとしたおいしいものが詰まっておりますよ。
 IMG_7411_23.jpg

 まだまだ冷えが残ります。あたたかい甘酒で、春の宵をお楽しみください。

2022年に向けて行動する! 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ピアノコンサート、ネットショップ配送料値下げなどお知らせ

いつも喜田家、ハルエグレース、KITAYA 六人衆をご愛顧くださいまして、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

立春 黄鶯睍睆【第二候 うぐいすなく】

春を告げる代表的な鳥、ウグイスが山里で泣き始めるころなんだそうですね。
昼間の陽射しが暖かく感じられると思ったら、雪が降りそうな寒さで冬に逆戻り。皆さまお身体ご自愛くださいね。

それではまずは、ピアノコンサートのご案内です。

今週18日の土曜日に喜田家 十条店で無料のクラシックピアノコンサートを開催いたします。

「十条商店街の中の小さな和菓子屋の小さな文化祭」

と称してピアニストの田中節夫さんを迎えての無料コンサートを開催いたします。曲目は、ショパン、ベートーヴェン、モーツァルトを中心に、一度は聞いたことがある曲を多数演奏いたします。

<クラシックピアノコンサート>
日 時:2月18日(土)19:00~20:30
場 所:喜田家 十条店店内
参加費:無料
参加いただける方は喜田家 十条店にお電話でお申し込みください。
03-5963-3288
皆さまぜひご来店ください。無料ですよ!

次に、たくさんのお客さまにご利用いただいておりますインターネットショップの配送料を最大30%以上お安く!改定させていただきました。

店舗でご注文いただいて発送するよりお安くなっておりますので、ぜひご利用くださいね。

こちらから購入できます。

Kitaya-Online

アマゾンでも購入できます。

Amazon千住宿 喜田家

それでは皆さま風邪など召しませぬよう!

アナログから少しずつデジタルに! 主人 田口 恵美子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

お茶会おかげ様で盛況の末終了しました。

いつも喜田家、ハルエグレース、KITAYA 六人衆をご愛顧くださいまして、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

暦の上では「春」なのに、今年は暦との隔たりが大きい感じがしますね。インフルエンザも猛威を奮っているようですが皆さまお元気でいらっしゃいますか?

さて今年初めてのお茶会が盛況の末終了しました。

お茶のお点前は、大日本茶道学会教授「小林 仙利先生」とお弟子さん。ありがとうございます。
今回の上生菓子は、春が待ち遠しい「鶯」。

aIMG_7206_w.jpgaIMG_7204_w2.jpg


毎月「おついたち」を買ってくださっているという「永田さんと小川さん」ごあいさつに伺えませんでしたけれども、ありがとうございます。毎月美味しく召し上がってくださって、楽しんでいただけているとお聞きしました!とっても嬉しく、また、勇気づけられました!ありがとうございます。

aIMG_7285_w.jpgaIMG_7234_w.jpg

皆さんの笑顔がたくさん見れますように!今年もたくさんお茶会を開催していきます。詳しくは喜田家、ハルエグレース、六人衆の各店舗およびホームページなどで告知していきます。

aIMG_7223_w.jpgaIMG_7227_w.jpg

それでは皆さまお元気に!

手洗いうがいでしっかり予防!! 主人 田口 恵美子 
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

このページの先頭へ