Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

24節気 72候 2月3日

あたたかく 
    炒られて嬉し 
         年の豆 
              高浜虚子


二月三日の立春。大晦日も、節分も、年という時間のつなぎ目の夜。

古い年を司る神は、すでに去り、新しい年の神はまだ来ていない。

年の神が入れ替わるわずかな隙間につけこんで、邪悪な鬼どもが悪さをする。

そこで豆を捲く。 「日本の歳時記 41」小学館



父の転勤で、私は 小学生を松江、鳥取、岡山で過ごす。

威厳のある声がする。「となりの声より張り上げにゃ、いけん。

また、鬼が入って来るんで」思わず弟と、重い雨戸を ぎーぎー閉める。

どの行事より、あっという間に終わる。

朝、垣根越しに見つける隣りの豆、登校の凍ったあぜ道にも見つける。

もう、嬉しゅうて、神様に出会うた程。

松木 幸子
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ